札幌のマンションライフ、物件選びで気をつけたいことは?

水落としが容易に行えるかどうか

電気は電線を通って送られてきます。ガスはガス管です。電気はほとんど物質としては見えない状態ですし、ガスは気体で供給されます。水は水道管を通って液体で送られてきます。地域によって水道管の仕組みは異なりますが、寒い時は水が凍るときがあります。本州でも冷え込むときには水道管の凍結への注意が呼びかけらますが、札幌は普通に生活していると自然に水道管の凍結が起こります。外出をするときには暖房を切るため、自宅内の水道管の水も凍ってしまいます。そこで行うのが水落です。水道管に残っている水を抜く仕組みです。賃貸物件を利用するとき、水落が簡単に行える仕組みになっているかを確認しておきましょう。電気で簡単にできる物件だと楽です。

ガス暖房か石油暖房かの選択

本州においては、空調機器はエアコンのみの家庭もあるかもしれません。夏はもちろんクーラーとして使いますし、冬も暖房器具として使えます。電気を使う仕組みで、安全性も高いです。札幌で賃貸物件を探そうとするとき、暖房器具に何を使うタイプかがあります。石油を使うのか、ガスを使うのかで分かれ、ガスだとランニングコストが高めになります。ただ、冷えた状態からの暖まりが早いのはガスとされています。石油はガスに比べると安く利用できるとされます。ただ、石油の価格は変動するため、常に安く利用できるわけではありません。石油は事前に購入をしたり、給油をしたりの作業も必要になります。独特の臭いもあるので、どちらを選ぶのか十分検討しないといけません。