ファミリー層にオススメの間取り

子供の年齢に合った間取りを探しましょう

子供がいるご家庭の場合、生活しやすい間取りが大切になります。小さいお子さんがいる場合は、キッチンから遊んでいるところが見渡せる間取りですと、お子さんが一人遊びをしていても安心です。

ファミリー向けの物件ですと、2LDKから3LDKが中心となりますが、2LDKでしたらまだお子さんの年齢が小さければ、リビングともう一つのお部屋を大きく利用して広く使うことが可能です。年齢が大きくなると自分の部屋が欲しくなりますので、3LDKなどで子供部屋を用意してあげましょう。

子供が走りまわって騒音などが気になるご家庭は、1階部分の利用がお勧めです。1階のお部屋には専用の庭がついている場合もありますので、庭でお子さんと遊ぶことができます。

ライフスタイルに合わせたお部屋選び

日中親は仕事、子供は保育園など自宅になかなかいないご家庭でも重要になってくるのがお部屋の間取りです。家族が集まる時間だからこそ、暮らしやすく、集まりやすい部屋になっていることが重要になります。

一般的なファミリー向けタイプの間取りは、3LDKで、2つが洋室で、一つがリビングに接している和室といったスタイルです。近年分譲されたタイプのマンションですと、全て洋室になっていますが、どちらもリビングルームを中心として家族が過ごせるようになっています。70平米前後の広さが多く、一番広いリビングで、家族の寝室があります。広さによって納戸や書斎にしたり、子供部屋にするなど用途に応じて自由に組み替えられるタイプのお部屋が人気です。

自分に合った帯広の賃貸を選びたいと考えていても、どのような物件がいいのかイメージがわかない方もいます。もしもイメージができなければ、実際に物件の内覧へ行って住みたい物件を考えるのも1つの手です。